"愛知県名古屋市の株式会社ベーネはショップ、レストラン、和菓子、洋菓子店、カフェ、飲食店などのショッププロデュース、設計、施工、監理を行う会社です。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ベーネのCMがYoutubeでご覧いただけます! | main | ラウンジガーデン オープンしております >>

ベーネスタイル vol.22完成!

禁断のベーネスタイルvol.22が完成しました。

前回のvol.21から間隔を空けずにリリースの今回は

前回より非常に攻めた内容となっております。

 

 

 

特集:「デザインしなきゃ店舗じゃない!」

順次発送中なので、お手元に届いてからのおたのしみですが、

今回は1つの場所に2つの店舗の総特集版となっております。

 

 

 

グランドガーデンとラウンジガーデン。

対をなす2つの店舗でありながら、共に「ガーデン」の

名を持つ店舗。

かけ離れすぎることなく、似通うことなく。

デザインコンセプトは全く異なりますが、

紙面に載せると不思議とまとまりを見せました。

 

 

ベーネが夏の本気でチームで取り組んだ

2つのガーデンを是非おたのしみに!

 

 

 

特集ネームが攻撃的ですが、

近年横行する(デザインで云うところの)

ナチュラルや、ありのままって、

本当にロケーションやコンセプト考えてます?と

疑問に思いましたのがキッカケです。

 

 

もちろん、考え抜かれた末のミニマリズムや

コンセプチュアルなデザインには感服しきりです。

其れを商業的に昇華していらっしゃるので。

 

 

ただ、其れをかっこいいと解釈して

2次創作、3次創作されたものが、

あまりに1次を超えるものがないのに

横行することが、一石を投じたくなったのです。

 

 

クライアントからのヒアリングにはじまり、

デザインワークを展開。意見を取り入れつつ

変更や改善を行って、行って、行って

店舗は完成に近づきます。

其れでも流行るかどうかは運や風まかせな

時もございます。

 

 

デザイナーの方々が引き出し(もしくはそれ以上の)を

引っ張り出してデザインしていくところを

何度も拝見しているので、「なんかこういう気分」とか

「こういうのいいよね」で誰かが済ましていく昨今が

私としては物悲しくもあります。

 

前置きが長くなりましたが、今回のベーネは

コンセプチュアルに今時珍しいくらいの

がっつりデザインワークを行っております。

 

少しでも、商業的に繁盛していただくために

デザインが必要であることが、業種は違えど

届けられたら本望です。

 

 

今回は来週23日火曜日から大阪で開催される

ファベックス関西2018の招待券を封入しております!

ベーネはこちらのデザート・スイーツ&ベーカリー展に

出展します!お時間合う方、ぜひお話しましょう!

 

 

 

 

コンセプトに見合ったベーネスタイルアーカイブも

準備しております!

 

新規ご出店を希望の方も

改装をお考えの方も

多店舗展開に突破口が欲しい方も

あたらしい機材が知りたい方も

来週は大阪に集合です!

 

是非一緒に楽しみましょう!

お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kakinaga

仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bene-design.jugem.jp/trackback/282
この記事に対するトラックバック